2010年8月19日木曜日

プリントとは

前回の投稿で、私の絵のプリント販売について少し触れました。
日本語でプリントは印刷物を示す一般的な言葉ですが、プリントと聞いて、真っ先に”絵画の印刷物”と理解されることは少ないかもしれません。今回はその『絵のプリント』について、少し説明してみます。


英語のプリントとは、すなわち日本語で言うポスターのようなものです。原画に対し、プリントは原画を印刷したものです。
ただし、ポスターとプリントの違いは、通常ポスターはそのまま壁に貼って飾りますが、プリントは額に入れて壁に飾ります。またプリントは、紙の質がポスターよりも上質で厚手なので、見た目は絵画にほぼ近いです。
特にCelebrity Art Printsでは、印刷用紙にアート紙と呼ばれる本物の水彩画用紙そっくりな高級紙使い、高度な印刷技術を用いて原画に限りなく近いプリントを生み出すことに力を入れています。

ご購入いただいたプリントは、額屋さんでご自分のお好きなフレームを選んで、プロに入れていただくことも出来ますし、既製の額をお買い求めいただくこともできます。
リーズナブルな価格の額をお探しでしたら、オーストラリアではインテリアショップ’IKEA’やその他のインテリア用品や雑貨等を取り扱う大型店舗(ターゲット、ケーマートなど)でも既製の額(マット付き)が手頃な価格で手に入ります。日本のIKEAでもいくつか額の種類があるようです。また、額はインターネットからも購入できます。

新たなホームページの公開に向けて、現在も作品をどんどんと仕上げていますので、それまでこちらのブログで紹介していきたいと思います。


2 件のコメント:

  1. >プリント
    言われてみれば、水彩画用紙のような紙に印刷された作品、
    ここでもよく見かけますね。そうなってたんですかぁ。

    確かに、オリジナルなの?と思っちゃうくらいのできなので、
    光にすかしてみたりして(笑)

    前回の投稿にひきつづき、ためになるお話、ありがとうございました。☆⌒(*^-°)v Thanks!!

    返信削除
  2. ピッコラさん

    画用紙は色々な種類があります。水彩画用紙に似たプリントですが、多くのアート紙と違い、持った感触に重みがあり、少々毛羽立ったような感じも見られ本物そっくりです。普通は絵画プリントといえば、少し丈夫な紙に印刷されているだけで、触った感触は特に何もありません。
    あと、オリジナル絵画は絵の具ですが、プリントはインクなので色をのせるに技術がいります。機械、技師などによっても出来映えが違います。

    私の目から見て完璧なプリントしか販売したくなかったので、Celebrity Art Printsでは、そこを解決するのに最も時間をかけました。プリントを受け取った瞬間のお客様の喜ぶ顔をいちばんに大事にしたいので、一回一回全ての行程に私自らがチェックを入れています。大量生産はしていませんので、手にとった時オリジナルとほぼ近い価値を感じていただけると思います。

    返信削除