2010年8月27日金曜日

Loretta Youngができるまで


Loretta Young
ロレッタヤング

ご訪問いただきありがとうございます。

ここでは、ロレッタヤングが出来るまでの過程を画像を用いて説明しています。
ロレッタヤングのプロフィールに興味のある方はThe Beauty Of Artを御覧下さい。

*ここで御覧いただく制作途中の画像は、実際の出来上がった作品、及び販売されるプリントと色合いが多少違って見えています。その理由はこちらに明記しています。


ロレッタヤングは、1930年代から50年代にかけて活躍した女優です。もちろん白黒写真でしかその姿を見たことがありません。けれど今回は白黒ではなくカラーを入れて、現代人もはっとするような美しさを再び蘇らせたいという思いがありました。

なんだかんだ言っても、この時点では美人からはかけ離れていて、先が思いやられる状態です。いつもなら、顔は薄い肌色から影となる濃い色を徐々に重ねていくんですが、今回は影を先に入れて、表情を軽やかに明るく仕上げたいと思います。


主に淡いローズ色を使って、顔の血色がよく見えるように色を入れていきます。こういった色は白黒の資料では分からない部分ですので、自分なりに考えて入れています。


インターネットで調べたところ、ロレッタヤングはグレーの瞳を持っていて、ライトブラウンの髪色だったとか。金髪でブルーの瞳かなと、この時点まで勝手に思い込んでいたので、予定より髪の毛はだいぶ塗り込む必要があると感じました。また、ヤングの顔の骨格は西洋の美の基準とされている高いほお骨が特徴です。


実際の資料では左半分の髪の毛はほとんど影に隠れていますが、昔の女優はきっちりとまとめたカーリーヘアーが特徴でした。今回はあえてそれを強調することにしました。
そして、繊細な総レースで出来た洋服を描いていきます。ヤングが今の時代でも十分(以上)に通用するほど飛び抜けておしゃれな人だったということがよくわかるようなショットです。


背景には、オーガンジーのカーテンがそよ風に揺れているようなやわらかさと、
花びらが開く瞬間の”命の力強さ”みたいのを思い描いていました。


左上の花を完成させ、髪の毛の細部と服のレースをさらに描き込んで強調しました。


こちらの画像が販売されるプリントのイメージです。


This print will be available soon at Celebrity Art Prints.
間もなくCelebrity Art Printsにて販売予定です。



0 件のコメント:

コメントを投稿