2011年3月23日水曜日

Elizabeth Taylor 2



私が書いたオリジナルプロフィールはThe Beauty Of Artで紹介しています。

これは、エリザベステイラーが一才の誕生日を迎えた次男クリストファーを腕に抱いている絵です。モデルの二人はそのまま本から抜き出しましたが、背景は想像画です。
まずはじめに、私がエリザベステイラーに特別な感情を抱いている理由を。。それはこの絵を描こうと思ったきっかけでもあるのですが、実はエリザベステイラーの中に、自分の母の面影を見ることがあるからです。特にこの絵のモデルにした写真と、下の方でお見せしている映画『ジャイアント』のセットで撮られた写真は、母親の若いときと似ています。

そしてもうひとつの描いた理由ですが、この写真の母子像は私の理想を表現していたからです。忙し過ぎた私の母にはこのような時間がなかったこと、母が兄と私を生んでから、ほんの数年でもこうした穏やかでゆとりある時間を過ごせていたらどんなに幸せだっただろう、そういった思いから筆をとりました。


母子像を見ていたら、背景に温もりのある部屋を想像し、窓の外には平和な田園風景を思い浮かべました。
その田園風景というのは、私が10年以上も前に住んでいたイングランドで、ロンドンから北に向かう列車に乗っていた時に車窓から見た風景です。当時、私はロンドンのキングスクロス駅から国鉄列車に乗り、そこから3時間半のところにあるリーズへ、そしてローカル線に乗り換えブラッドフォードという北の街へよく向かっていました。
4時間かけて行く道のりには、たびたびこのような、のどかな緑の田園風景が窓の外に広がっていました。昼が過ぎれば刻一刻と夜が近づいてくる北イングランドの冬。電車がさらに夜の訪れを加速していくようで。。。私は流れていく田園風景をもう二度と目にできないかのように惜しそうに眺めていたかもしれません。

Elizabeth Taylor and her brother Howard. 4才の時兄のハワードと



イタリアのトスカーナ地方にもあるような風景ですが、少しイタリアも意識したかもしれません。エリザベステイラーの座っている椅子ですが、実際は背もたれがありませんでした。別になくてもよかったのですが、背もたれによってなんとなく守られている感じがして、付け加えることにしました。

Elizabeth Taylor aged seven with her mother and her brother. 7才の時、母と兄と。



全体の色合いですが、昔の肖像ということもあり、少しカラーの入った淡いアンティーク調をと思っていました。しかし、最初からあまりにも薄く色をのせ過ぎたため、特に窓の外にコントラストがなくなり、全体的にドラマがなくなってしまいました。再度、勇気を振り絞って濃く色をのせることにしました。

水彩画の特性は、時間の経過とともに色が薄くなっていくことです。絵画技法の中で、最もスキルが要るのが水彩画といわれるゆえんはそこにあるのだと思います。最初に入れた色と仕上がりの色が違ってくるため、初めから理想のイメージをしっかりと持ち、濃い目に色を入れる必要があります。水彩画は見た目こそ繊細なのですが、その裏では素早くダイナミックな筆の使いこなしが要求されます。

Elizabeth Taylor at 20 during filming of 'Love Is Better Than Ever'. まるでダリアの花ように可憐な20才のエリザベステイラー。映画『Love Is Better Than Ever』の撮影のあいだに。

Elizabeth Taylor on the set of Giant, with James Dean and the director George Stevens. 映画『ジャイアント』のセットで監督と。エリザベステイラーをカメラ撮影するのは、共演者で親友だったジェームスディーン。


穏やかな風景の中に佇む家、そこには守られた室内があり、親子ふたりの至福の時間が流れています。子をしっかりと胸に抱く母、抱かれる子。いつの時代も平和の象徴です。


作品のプリントはCelebrity Art Printsで販売しています。
This print is available at Celebrity Art Prints.com.

2011年3月4日金曜日

Bollywood Actress- Deepika Padukone



前回の投稿で御覧いただいた顔のパーツは、インドのボリウッド女優ディーピカーパードゥコーンという人のものでした。
知らない方が多いと思いますので、The Beauty Of Artの方でもプロフィールを紹介しています。


さっそくですが、前回の投稿で話題にした動画を紹介します。ボリウッドとしては、体を露出しためずらしいスタイルのパフォーマンスと思われます。





では作品の話に。
浅黒い肌色を持つインド人にも、前回のスカーレットヨハンソンに使用した基本の同じ6色を肌に使いました。ただ今回は、白人にはあまりつかわない7色目のオレンジが多く入っています。

今インターネットでの検索率がハリウッドスターを上回るボリウッドスター。誰が検索しているのかと思いきや、やはり世界で2番目に人口の多い国インド。(人口約10億2862万人)。インド人が寄ってたかってパソコンのキーボードを叩けば、検索率はびゅんと上がるはず。すなわち、インドが動けば世界が動く。インド人のインターネット普及率は年々上がってきているに違いありません。

ハリウッドスターのマーケット対象が世界というのに対し、ボリウッドスターは自国インド国民の心をつかむことで、ハリウッドスター並みの収入が手に入るようです。やはり、それだけ市場が大きいのと、人口の多さがパワーなのか?だからボリウッドと聞いたら、私には’$$マネー$$’としか思い浮かんで来ません。

彼らはもしかしたら米ドルで給料をもらっているのかもしれませんが、 とにかく映画スターになることで莫大な富を手に入れているといいます。なので、インドの札を降らそうかと思いましたが、実はちょっと意味があって硬貨にしました。

インドの裕福層は人口10億人の中でも年々少しずつ数が増えてきているとは思いますが、まだほんの一握りといわれています。私の中でインドといえばスラム街を連想し、現にお金がなく生活に困っている人々で溢れかえっているのです。そのため、この背景にある小額硬貨と眩いばかりのスターは両極端な貧富を対比し、インドの現状を表しています。


またこのような解釈もでき、これだともっとストーリー性があります。:

彼女は人々の想像を超える富と名声を手に入れた。その迫力、うつくしさに皆が心を奪われたから。やわらかな髪が光に透かされ風になびく。その情熱の視線の先までも気になる人。その日暮らしの貧しい人々も、あるだけのお金を投げ出すかのように今日一日だけの夢を買った。いつもは遠すぎる女神を、今日だけは目の前にするという夢を。

えへ。結局は人の見方は様々で、何を感じてもらってもいいわけです。

モデルにしたダンス中のワンシーン。髪の毛は塗り込まず、躍動感を表現しています。
ちなみに、インドの女性は、容姿の美しさを髪のきれいさだけで考慮するくらい髪が命だそうです。


絵の左下のモチーフですが、私がインドを意識して考えたものです。額のビンディも昔から個人的にきれいだと思っていて、実際目に独特な印象を持たせるように思ったので入れることにしました。ビンディについて調べると、昔は宗教的意味合いがあり、既婚者だけが用いたそうですが、今では年齢、未婚、既婚、宗派関係なく、アクセサリー感覚で用いられているとのことでした。あと、ビンディはもともとは赤丸でしたが、今では様々なデザインがあるそうです。


仕上げにいつも使用しているアートスプレーです。最初は透明感を出す’つや出し’スプレーを、その後に防水、色あせ、紫外線防止効果を持つマットスプレーで仕上げます。


臭いが強いため、スプレー作業は決まっていつも庭で。

万が一に備えて屋根の下で。



 This print is available at CelebrityArtPrints.com.
CelebrityArt Printsで作品のプリントを販売しています。