2010年9月17日金曜日

TWIGGY


TWIGGY
ツイッギー

This print is available at Celebrity Art Prints.

英国人モデル。60年代のアイコン的顔立ちとその独特なスタイルは、今でも若者の間で人気が高い。

ツイッギーの詳しいプロフィールについてはThe Beauty Of Artをごらんください。


描くのが簡単そうに見えて、実はかなり難しかったツイッギーです。特に下書きの段階でかなり苦労しました。2、3日描きつめて疲れ果て、そして気分を入れ替えようとあいだ2週間おいて、ようやく再び鉛筆を持とうという気になりました。結局これ一枚の絵を仕上げるのに最長記録の3週間を費やしました。。


ふさふさとしたまつげに大きな瞳、個性的な鼻、赤ちゃんのような唇、やわらかな細い髪の毛と、どれをとっても特徴的なのですが。。。



ツイッギーは、なぜかこのほおづえをついたポーズをよくするので、それからインスピレーションを得て、絵にも同じしぐさを使う事にしました。
60才とは思えない本当におしゃれな人ですね。


こんな面白いもので、ロンドンを表してみます。昔から誰でもひとつは持っている、水の入ったガラス製の球形の置物。そう、中にはミニチュアの建物なんかが入っており、逆さまにすると粉雪が降って来るものです。観光地なんかでお土産屋さんに行くと必ず売ってますよね。海外でもそうです。
粉雪になる部分には、塗りつぶしてしまわないよう先にマスキングフルイドでカバーしておきます。その上から色を塗っても、その部分だけは絵の具がはじかれますので、絵が乾いた後に乾燥したフルイドを剥がすと白いまま残るという仕組みです。


髪の毛と目がほぼ仕上がりました。


置物の中には、ビッグベン、2階建てバス(ツイッギーの広告付き)、雨がよく降るので傘、ユニオンジャック(イギリスの国旗)、そしてツィギーがよく履いていたベルト付きペタンコ靴、あと都会でも緑が多い国なので芝生が入っています。


60年代らしく仕上げました。模様など、すべてマルで統一しています。色はキャンディーカラーでポップな感じに、洋服も60年代に人気の高かったデザインを描きました。

こちらの作品は写真から抜き出したイメージではないため、世界中どこを探してもほかでは存在しない100%オリジナルアートです。ツイッギー本人も見覚えのないこの姿にびっくりかな。

今再び人気を集めているツイッギーのおしゃれなイメージを活用し、お部屋をモードでセンス溢れる雰囲気に。また流行を意識した服飾関係のお店や美容室などでも人目を惹き、商品やお店自体の引き立て役になること間違いなしです。

こちらのプリントはCelebrity Art Printsで販売中です。

2010年9月11日土曜日

Operation Valkyrieー ワルキューレ作戦

映画『ヴァルキューレ』を題材にした作品。もともと英語のヴァルキリーとは北欧神話に登場する女神のこと。戦場において死を定め、勝敗を決定する半神のことである(片親が神で、もう片親が人間)。ヴァルキューレ作戦は、第二次世界大戦中のナチスドイツにおいて反ヒトラー派によって利用された作戦で、これは総統ヒトラーを暗殺し、その後に予想される内乱鎮圧用に立案された国内予備軍の結集と動員に関する命令をさす。
俳優トムクルーズ演じる主人公のモデルは、貴族出身の軍人で、現在においてもドイツの英雄とされているシュタウフェンベルク伯爵。ヒトラー暗殺計画は過去に少なくとも40数回企てられ、シュタウフェンベルク大佐の暗殺計画は最後で最も大規模なものとなった。


Tom Cruise
Claus Graf von Stauffenberg and his children
and Adolf Hitler

トムクルーズとシュタウフェンベルク伯爵のプロフィールは、The Beauty Of Artを御覧下さい。

“We took this challenge before our Lord and our conscience, and it must be done, because this man, Hitler, he is the ultimate evil.” - Claus Graf von Stauffenberg

”我々は神と良心に誓ってこれを為さねばならぬ。必ずだ。なぜならヒトラーという男は、この上ない極悪人だからである。” - クラウス フォン シュタウフェンベルク

良心に従い自らの命を懸け、暗闇に陥った愛国とその人々を救おうとした男。36才という若さで、その高い地位を利用してこのような重大な決断に踏み切りました。

この作品ですが、クロス(X)模様に人間の対照的な生き様、表情の明暗を表しています。まず絵の右下、シュタウフェンベルク大佐の表情ですが、責任感、勇敢さ、正義感の強さ、冷静さ、穏やかさ、誇り高い貴族の威厳、憂い、そして優しさが表れています。左上はトムクルーズが演じたシュタウフェンベルクの表情ですが、これは対照的にヒトラーの命を狙う鷹のような鋭い目を持つ険しい表情です。このときの伯爵ですが、左目と右腕、そして左手の薬指と小指を戦争の負傷で失っていました。

シュタウフェンベルク伯爵の左横では、伯爵の実子の無邪気で愛くるしい様子、その背景にはドイツの村の上空を戦闘機が飛び立つ様子と、村人が戦闘機を見上げて敬礼を送る様子を描いています。右上には対照的に、独裁者ヒトラーの冷血さを表現しています。


ヒトラーが会議で初めてシュタウフェンベルクを紹介された時、大佐の3本しかない指に両手を添え握手をしたといわれています。またヒトラーは状況図を震える手で置き換えながら、会議中何度もシュタウフェンベルクを見つめたとか。


私はシュタウフェンベルク大佐の資料を色々と探している間に、ヒトラーとの対面の様子を撮影した写真を見つけました。その時のシュタウフェンベルク大佐の面持ちが非常に印象的で忘れられません。うっすらと笑みを浮かべたような表情の中に鋭い緊張感が走り、今だから言えることかもしれませんが、何か重大なことを起こそうとする人間の凄みを感じました。

実は初めはシュタウフェンベルク大佐をカラーで描こうと思っており、目や髪の色が何色かを調べていたのですが、それがわかるようなカラー写真も資料も全くありませんでした。ようやく見つけたひとつの資料で、目の色がブルーそして黒髪と判明したのですが、これもカラー写真が存在しないだけに確認することが出来ませんでした。

ですが、急に考えが変わり始めました。なぜなら、現代では誰も生身のシュタウフェンベルク大佐の姿を観たことがないのに、カラーにこだわるということ自体に違和感を感じたからです。




実際の子供達の写真には、もうひとり一番上のお姉さんと、子供達を包み込むようにそばで見守る優しい笑顔の大佐が写っていました。


戦時中ということもあり、空には憂いを表現してみました。雲はティッシュの端を使って、絵の具が乾かないうちに色を吸い取って形作ります。そしてグレーを使って、雲らしくなるよう影を入れています。


最後にヒトラーを仕上げていきます。狼の巣と呼ばれた会議室での一コマで、暗殺計画が実行された場所です。会議室には暗く閉ざされた雰囲気をイメージしました。そして、ヒトラーの異常なまでの冷血感と強い野望、誰にも理解しがたい心中に潜む激しさを表しています。

こちらのプリントはCelebrity Art Printsにて販売中です。
This print is available at Celebrity Art Prints.

2010年8月27日金曜日

Loretta Youngができるまで


Loretta Young
ロレッタヤング

ご訪問いただきありがとうございます。

ここでは、ロレッタヤングが出来るまでの過程を画像を用いて説明しています。
ロレッタヤングのプロフィールに興味のある方はThe Beauty Of Artを御覧下さい。

*ここで御覧いただく制作途中の画像は、実際の出来上がった作品、及び販売されるプリントと色合いが多少違って見えています。その理由はこちらに明記しています。


ロレッタヤングは、1930年代から50年代にかけて活躍した女優です。もちろん白黒写真でしかその姿を見たことがありません。けれど今回は白黒ではなくカラーを入れて、現代人もはっとするような美しさを再び蘇らせたいという思いがありました。

なんだかんだ言っても、この時点では美人からはかけ離れていて、先が思いやられる状態です。いつもなら、顔は薄い肌色から影となる濃い色を徐々に重ねていくんですが、今回は影を先に入れて、表情を軽やかに明るく仕上げたいと思います。


主に淡いローズ色を使って、顔の血色がよく見えるように色を入れていきます。こういった色は白黒の資料では分からない部分ですので、自分なりに考えて入れています。


インターネットで調べたところ、ロレッタヤングはグレーの瞳を持っていて、ライトブラウンの髪色だったとか。金髪でブルーの瞳かなと、この時点まで勝手に思い込んでいたので、予定より髪の毛はだいぶ塗り込む必要があると感じました。また、ヤングの顔の骨格は西洋の美の基準とされている高いほお骨が特徴です。


実際の資料では左半分の髪の毛はほとんど影に隠れていますが、昔の女優はきっちりとまとめたカーリーヘアーが特徴でした。今回はあえてそれを強調することにしました。
そして、繊細な総レースで出来た洋服を描いていきます。ヤングが今の時代でも十分(以上)に通用するほど飛び抜けておしゃれな人だったということがよくわかるようなショットです。


背景には、オーガンジーのカーテンがそよ風に揺れているようなやわらかさと、
花びらが開く瞬間の”命の力強さ”みたいのを思い描いていました。


左上の花を完成させ、髪の毛の細部と服のレースをさらに描き込んで強調しました。


こちらの画像が販売されるプリントのイメージです。


This print will be available soon at Celebrity Art Prints.
間もなくCelebrity Art Printsにて販売予定です。



2010年8月23日月曜日

Ava Gardner


Ava Gardner
エヴァ ガードナー

エヴァガードナーのプロフィールについてはこちらを御覧下さい。
This print will be available soon at Celebrity Art Prints.

ここでは、私がこの作品に込めたイメージを説明しています。

1950年代に世界一美しい女と称されたガードナー。いわゆる、外見的に男性を惹き付け、女性を心配させるファムファタール(魔性の女)としてのイメージが強かったことから、それを連想させる『妖艶』なイメージのモチーフを描きました。
彫りの深いどちらかといえば男性的な顔立ちに、成熟した雰囲気を持った大柄な人でしたから、人々に一目で”強い女性”というレッテルを貼られ誤解されてしまうのは、まさに美し”すぎた”女の宿命だったのかもしれません。
バラにとまる一匹の蝶々は、ガードナー自身を連想しました。ほかとはかけ離れた異色のイメージと、孤立した感じから思い付いたものです。

絵の仕上げには、よりインパクトと動きを出すために、ガードナーの顔と体の部分を紙で覆いかぶせ、蝶々の模様と同じ色のブルーの絵の具を上からはねかけて、散らした模様を入れています。

こちらのプリントは、特に白や黒、グレーなどを基調としたインテリアにアクセントを与えたいとお考えの方や、赤やブルーを取り入れたインテリアとの調和にもおすすめします。

お部屋やお店をまるで50年代の映画のワンシーンのようにドラマチックに演出しませんか?

間もなくCelebrity Art Printsにて販売予定です。



2010年8月19日木曜日

プリントとは

前回の投稿で、私の絵のプリント販売について少し触れました。
日本語でプリントは印刷物を示す一般的な言葉ですが、プリントと聞いて、真っ先に”絵画の印刷物”と理解されることは少ないかもしれません。今回はその『絵のプリント』について、少し説明してみます。


英語のプリントとは、すなわち日本語で言うポスターのようなものです。原画に対し、プリントは原画を印刷したものです。
ただし、ポスターとプリントの違いは、通常ポスターはそのまま壁に貼って飾りますが、プリントは額に入れて壁に飾ります。またプリントは、紙の質がポスターよりも上質で厚手なので、見た目は絵画にほぼ近いです。
特にCelebrity Art Printsでは、印刷用紙にアート紙と呼ばれる本物の水彩画用紙そっくりな高級紙使い、高度な印刷技術を用いて原画に限りなく近いプリントを生み出すことに力を入れています。

ご購入いただいたプリントは、額屋さんでご自分のお好きなフレームを選んで、プロに入れていただくことも出来ますし、既製の額をお買い求めいただくこともできます。
リーズナブルな価格の額をお探しでしたら、オーストラリアではインテリアショップ’IKEA’やその他のインテリア用品や雑貨等を取り扱う大型店舗(ターゲット、ケーマートなど)でも既製の額(マット付き)が手頃な価格で手に入ります。日本のIKEAでもいくつか額の種類があるようです。また、額はインターネットからも購入できます。

新たなホームページの公開に向けて、現在も作品をどんどんと仕上げていますので、それまでこちらのブログで紹介していきたいと思います。


2010年8月18日水曜日

Lily Coleができるまで


ご訪問いただきありがとうございます。

リリーコールのプロフィールは、私のもうひとつのブログThe Beauty Of Artでご紹介しています。

こちらでは、イギリス人スーパーモデル、リリーコールの作品が出来上がるまでの過程を紹介しています。私の全ての作品は、はじめからから終わりまでフォトショップは使用していません。

The Beauty Of Artでお見せした完成品はスキャンしたもので、こちらの画像は全て制作途中にカメラで撮ったものです。こちらの絵の色合いが違って見えるのは、室内のオレンジ系の照明によるものです。全く同一の絵でも、照明によって、夜にはドラマティックなイメージになったり、昼には自然光の中で軽やかで明るいイメージなったりします。それが、アートならではの深みと魅力です。

今まで部屋の明かりが気にならなかった方も、照明の色や間接照明に落としたりなどの工夫ひとつで、アートがもたらす様々な影響や効果を知っていただけたらと思っています。

あ、そのかわり直射日光、直射照明は絵やプリントの品質をはやく損ねる原因になりますので控えてくださいね。

上の絵ですが、まずは顔、体、髪の毛、背景などの広範囲に及ぶ部分から色を入れています。水彩画は、どうしても広い部分はスピーディーに仕上げなければ極端なパッチワーク状になってしまうため、まず水を含ませた筆で一番広範囲の体全体を濡らした後、影になる部分など、何層かに色を重ねていき、一気に仕上げています。その間気が抜けず、結局写真を撮り忘れてしまいました。



こちらは左の胸の部分です。胸の曲線は、軽やかで甘いセクシーさと、若々しさのポイントになる部分なので慎重に描きました。

洋服の細部を仕上げていきます。この洋服は、線状に何本も影になる部分を入れることによって、出来上がっていきます。まずは薄い色から順に入れていきます。


なだらかに曲線を強調するだけで、服の素材感が生まれ、同時にくっきりとしました。


全体像で胸部分を見ると、かなり服のドレープが効いてきました。そして、左下の背景にも色を入れています。背景のイメージは、魅惑と幻想。
背景が完全に乾いたら、髪の毛の細かな作業に入ります。


髪の毛も、まず薄い色から順に重ねていきます。そうすると、より立体的で動きのある髪に仕上がります。


そして一番濃い色を髪に徐々に入れていきます。まるで、本物の髪の毛にグラデーションを入れるように。多くて艶やかな髪を表現したいので、濃淡をはっきりさせていきます。そして髪の細い部分と太い部分は、筆を使い分けることで表現でき、より髪の毛らしさを醸し出すことができます。上の画像は昼間に見るリリー。


こちらが、夜に撮影した完成品です。

This print will be available soon at Celebrity Art Prints.

2010年5月18日火曜日

Charlie Chaplin



チャーリー チャップリンは、映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー、作曲家。喜劇王の異名を持つ。
1889年、イギリスのロンドン西部の町ランベスで生まれたチャップリンは、ミュージックホール エンターテイナーの両親を持ち、生活は極貧であった。声の出なくなった母親の代わりに5才で初めてミュージック ホールの舞台に立ち、喝采を浴びる。
1913年には、カノー劇団とともにアメリカ巡業に渡り、当時週給150ドルで仕事をしていたが、エッサネイ スタジオに移籍した2年後には週給1250ドル(この時すでに世界一のコメディアンと称されていた)、そして1年後の1916年にはミューチュアル フィルム社に移籍し週給1万ドル、1918年にはファースト ナショナル社と年間100万ドル超の契約を結ぶ大スターとなっていった。
チャップリンのほとんどの作品はサイレントであるが、本人は「パントマイム芸こそが世界共通語」とし、1929年には多くのハリウッド映画がトーキー(サウンド映画)に移行しても、本人は音楽を挿入するくらいでサイレントを貫き通し、その後の作品も大ヒット。チャップリンは映画史において、最もクリエイティブで才能溢れた人物と言っても過言ではないだろう。


絵は映画『黄金狂時代』、『街の灯』、『モダンタイムズ』の三作からインスピレーションを得て、俳優チャップリンの人間像を表すよう心がけました。

下の動画は、私の好きな映画『モダンタイムズ』より。

2010年5月14日金曜日

Ewan McGregor




スコットランド出身の俳優。
若い人にはよく知られている俳優だとは思いますが、年齢が上の人にはやや知名度が低いかもしれません。となると、やはりあの人気映画『スターウォーズ』で演じたオビ=ワン ケノービ役かなと思い、背景などに表現をおくことにしました。彼についてインターネットで検索していると、結構たくさんのファンサイトがあったので、描いてよかったです。

2010年5月7日金曜日

Old Japanese Movie Stars




絵は1960年の映画『不知火検校/しらぬいけんぎょう』を題材に描きました。

映画のテーマ”検校”についてー
江戸時代、盲人の男たちは当道座という組織に属していた。当道座は盲人の職業訓練のためや盲人社会の秩序維持と支配を確立するための組織であったとされる。そこに属する者は琵琶弾きや三味線弾き、鍼灸、按摩の職業についていた。当道座での階級は四つに分かれる。最高位は検校、最下位は座頭である。

あらすじー
当道座に属する、貧しい育ちだった座頭の杉の市(勝 新太郎)は、小さいときから悪事においては異常な才能を見せていた。そんな杉の市が官位”検校”を得るためには、京都にあった当道職屋敷へ多額のお金を持って行く必要があった。ある日、胸の痛みを訴える旅人に出会った杉の市は、この旅人のお金を盗むため、巧みに鍼を使い殺してしまう。得意の悪行を次々とやらかして、検校へとのし上がる。杉の市の、強姦、窃盗、ゆすりはとまらない。

This painting is a representation from the movie Shiranui Kengyo made in 1960 in Japan. The movie is about a blind man who was in the Todoza which was a Japanese guild for blind men in the Edo period of Japanese history. The members of the guild performed a variety of roles including being musicians, masseurs and acupuncturists. The guild was split into four main hierarchal groups.  The highest was known as Kengyo and the lowest was known as Zatou. This poor blind man started his criminal behaviour as a young boy and eventually became adept at all sorts of crime. He became a masseuse and acupuncturist named Suginoichi and one day he met a traveller who was suffering from chest pains and offered to help the man. Using the acupuncture treatment needles, he murdered him in order to steal his money.  The movie is an account of Suginoichi's worsening criminal behaviour i.e. stealing, blackmailing and raping on his quest to become Kengyo and thus obtain power.    

2010年5月1日土曜日

Kamikaze Pilot 11ー翼なき搭乗員


広友喜代志さん
昭和20年5月26日沖縄地上戦にて戦死(享年19才)

MR. KIYOSHI HIROTOMO
Died on the 26th of May 1945 at the age of 19.

This painting represents what in Japanese is called "a Kamikaze pilot without wings". This means his plane was destroyed on the ground before he could get to it and take off and thus he had to fight as ground infantry in Okinawa.
大東亜戦争末期、相次ぐ空襲により愛機破損。よって、パイロットとして鍛え上げられながらも陸軍に編入させられる。慣れない地上戦にて戦うことを強いられ、壮絶な死を遂げた。

2010年4月25日日曜日

Clara Bow



ウィキペディアによると、クララ ボウは1920年代にハリウッドで最も活躍したサイレントムービースターの一人。しかし、波瀾万丈な人生を宿命のように背負った女優でもあったようです。一言で90年前の女優とは言っても、この豪華なファッションに白々しいポーズは今のセレブなら真似できませぬな。女優としての貫禄を感じます。

ところで、こちらの絵とは関係のない話なのですが、長い間私の頭の中に、あるビジネス計画が立っていました。その実現に向けてようやく動きつつあります。近頃、関連業者を何社かまわり、良い縁があって必要な仕事を任せる先が決まりそうです。この会社は最初からすごく熱心にこちらの要望に応えてくださるので、やはり頑張らねばと思っています。残る最大の課題は私の手による技術的なもの。というのも、全て私ひとりで進めて行く計画だからです。
正直言って、苦手分野での活動になるので考えただけで気が遠くなりそうです。でも苦労して完成したところで、それで終わりじゃないのがビジネスの世界です。本当のスタート地点に向けて地道にがんばります。

2010年4月19日月曜日

James Dean 2


このジミーは自分のホームページ用にと描いたものです。当初は、ちょっと楽して写真の所有者名を入れて実物の写真を使おうと思っていましたが、著作権法に関わるリスクをわざわざ背負うこともないんじゃないかと思い、描いたんです。まったく同じものを。。。でもよく考えると、現物と全く同じものを作り出してしまったので、これもダメ??
とはいえ、顔のほとんどが隠れている分、結構大変だったんです。ヘアスタイルはもちろんのこと、要は目尻のしわまでジェームスディーンじゃないといけないんですから。陰としわには悩まされる。。。

2010年4月17日土曜日

The Wolfman−おおかみ男


"The Wolfman"

『ウルフマン/狼男』は、ここ最近観に行った映画の中でも、特にクラッシックなホラー映画が好きな私が一番気に入った映画です。翌日、興奮が冷めないうちにと思い、気軽にさらっと描けるパステル(クレヨンの一種)を使用し、特に印象的だった一場面を再現しました。使ったのは黒の画用紙ですが、いつも使っている白い画用紙と違い、影の部分は逆に塗りつぶしてはいけないので新鮮な感覚でした。

絵に描いたのは、夜に凶暴な狼男と化した主人公の男が、明け方に狼男から人間に戻る場面。ロンドンのテムズ川の水面に、獣と化したもう一人の自分の姿が浮かび上がる。もう自分ではどうすることもできない。極度な疲労とともに、自己嫌悪、絶望感が彼を襲う。