2011年5月24日火曜日

Most Influential Hairstyles


『この数十年で最も影響を及ぼしたヘアスタイル』というのが、イギリスのタブロイド紙Daily Mailにより発表されました。
第一位は、1961年の映画『ティファニーで朝食を』に出演したオードリーヘップバーンのアップスタイルでした。これは今でもイギリスのへアサロンで最も注文の多いアップスタイルとのこと。時代が移り変わっても、このシックなフレンチテイストのヘアスタイルに憧れる女性が多いのですね。

第二位と第三位はマリリンモンローとツイッギーの髪型。

マリリンモンローの根元からかかったカールのプラチナブロンドヘアーは、確かに今緩いカールのロングヘアーやストレートヘアーをする女性が多い中で、独特なセクシーさを醸し出しています。

そして、イギリス人の超足長モデル、ツイッギーが上位に登場したのはちょっと意外でした。未だ彼女がイギリス女性のアイコン的存在であることを証明しているといえますね。彼女の艶やかでぴったりと撫で付けたヘアが、子顔を意識する現代女性にもウケるのかしら。


それよりも、私がいちばん意外だったのは、60年代のモデルや女優がすべて上位3位にランクインした事。確かに最近、社会的に影響を及ぼすほどの個性のあるヘアスタイルをする人は少なくなりました。

これより下にランクされたものは、冗談ぽいのもあります。 第四位は、ディズニー映画『リトルマーメイド』の人魚アリエル。 第五位は、テレビシリーズ『フレンズ』に出ていた、レイチェル役のジェニファー アニストンのレイヤードヘアー。これは番組が終わった6年後の2010年でも、ヘアサロンで一番注文の多かったカットだそうです。
その他には、ビクトリア ベッカムのボブや、R&B歌手のリアナのレッドヘア(赤毛)、そして、映画『GI ジェーン』に出たデミ ムーアのスキンヘッドなどでした。

***

ちなみに、ここからは私のランキング。
私もオードリーヘップバーンのヘアスタイルがナンバーワンに入ります。彼女のどのヘアスタイルも好きですが、特に下のまとめ方が好きです。


そして、女優ハル ベリーの動きのあるベリーショートが私の第二位です。



第三位は、オーストラリアの元モデルで、今は下着メーカーの実業家エル マクファーソン。ちなみに、47才でこの髪のボリュームときれいさです。


第四位は、カントリー歌手のテイラースウィフト。


最後に、レディーガガのヘアスタイルが第五位。ファッションごとにヘアスタイルを変えるところが好きです。下の映像のはおそらくカツラと思いますが、あまりにも似合っていて格好いいので、思わず、「いいカツラですね〜!」と晴れ晴れしく言いたくなります。

2 件のコメント:

  1. 「いいカツラですね~」はよかったww(爆笑)

    実際、レディガガのヘアスタイルは革新的で
    いつ見てもほほう~とうならせられますね。衣装もですがw

    やっぱりオードリーが来ますか。
    彼女の影響力はほんとうに大きいですね。
    彼女もですが、プロデューサーやエージェントの勝利でもあるのかな?

    返信削除
  2. ピッコラさん

    私のカツラの概念が変わりました(笑)。

    ところで、ピッコラさんはナンバーワンにどの方が来ますか?

    私はオードリーのヘアスタイルにもファッションにも負けない存在感を何より高く評価しています。今日も映画を観ましたが、目に入ってくるものはその全体像や演技であって、へスタイルは後から付いてくるものだとつくづく思いました。

    返信削除